目前分類:一級 (8)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要

JLPT N1 語彙 一個單字多個意思 受ける

JLPT N1 語彙 一個單字多個意思 受ける

使い方に注意

日文中的受ける意義真多,有接(住)、接受、繼承、受到好評、享受、得到、獲得
遭受....等意思,我把常用的大概紀錄一下。

接(住)ボールを受ける            接球
接到           注文をうける           接到訂貨
お知らせを受ける
  接到通知
接電話を受ける  接電話
接受           健康診断を受けなさい           接受健康檢查
獲得           許可を受ける           得到允許
繼承           家業を受ける           繼承家業
遭受           洪水を受けた           遭受水患

 

http://smady.com/smadyd/thread-905-1-1.html

frogkiki 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

一級日檢艱澀單字學習

うまれつき(生まれつき)
・        彼女がだれにでも優しいのは生まれつきの性格だ。「天性、天生」

うるおう(潤う)
・        畑が雨で潤った。「湿潤」
・        臨時収入で懐が潤った。「寬裕、補益」

うわまわる(上回る)
・        今月の売上は、先月を大幅に上回っている。「超出、越出」

うんざり
・        食べすぎたので、料理を見ただけでうんざりする。「厭膩、厭煩」

うんよう(運用)
・        資産の運用を誤ると会社の経営が危なくなる。「運用」

えんかつ(円滑)
・        交渉が円滑に進んで安心した。「圓満、順利」

えんきょく(婉曲)
・        日本語の婉曲な言い回しには、苦労する。「婉轉、委婉」

えんまん(円満)
・        紛争が円満に解決することを祈っている。「圓満、美満」

おいこむ(追い込む)
・        彼女を自殺に追い込んだ原因は、友達のいじめだそうだ。「逼入、被迫...」
・        鶏を小屋に追い込む。「趕進」
・        ゴール前で一気に追い込む。「最後階段的努力,加勁」
・        この行を前ページに追い込むこと。「擠排、移前」

おいて(於いて)
・        学業においても、運動においても、彼の右に出る者はいない。「在...方面」

おう(負う)
・        現在の彼の成功は、母親の教育に負うところが大きい。「多虧、有賴於」
・        失敗した責任を負う。「担負、蒙受」
・        子どもを背中に負う。「背、負」

おおかた(大方)
1 物事や事柄の大体。大部分。あらかた。「―は理解できた」「給料の―が食費に消える」
2 普通の物事。世間一般。世間一般の人。「―のご希望に添いたい」
1 だいたい。大部分。あらかた。「仕事は―かたづいた」
2 恐らく。たぶん。「―寝坊でもしたのだろう」
・        おおかたの予想どおり、小林氏は当選した。「大家、広泛的人們」
・        おおかたの話は王さんから伺いました。「大部分、大致」

おおがら(大柄)
・        彼女には、大柄な模様の着物が似合う。「大花紋、大花様」
・        大柄な体格のわりに、彼は小心者だ。「大骨架」

おおげさ(大袈裟)
・        彼女の話は、いつも大げさだ。「誇張、誇大」

おおすじ(大筋)
・        事件のおおすじが、警察側から発表された。「梗概、主要經過」

おおまか(大まか)
・        彼は、何事にも、おおまかな人だ。「草率、馬馬虎虎」

おくびょう(臆病)
・        うちの犬は、図体は大きいのにおく病で、猫を見ても逃げる。「膽小、怯懦」

おごる(奢る)
・        今度夕食をおごるから、今日の残業かわってくれない。「請客」
・        奢った生活をしている「奢侈」
・        口が奢る「講究吃、品位高」

おしきる(押し切る)
反対・抵抗・困難などを退けて目的を達しようとする。「反対派の意見を―・って実行した」
・        彼女に押し切られて、卒業旅行はイギリスに行くことになった。「堅持到底、排除(反対、困難)」
・        干し草を押し切って馬の餌にする。「切断」

おしこむ(押し込む)
・        朝のラッシュ時は、駅員が乗客を電車に押し込んでいる。「塞進」

おしよせる(押し寄せる)
・        突然の夕立に、広場にいた人々が一斉に駅構内に押し寄せた。「湧上來、蜂擁而至」
・        邪魔になる物は隅のほうに押し寄せておく。「挪到一辺」

おそくとも(遅くとも)
・        今夜は、遅くとも8時には帰るよ。「至遅、最晩」

 

http://smady.com/smadyd/thread-839-1-1.html

frogkiki 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

N1日檢必考單字相關說明

いっきょに(一挙に)
・        作品を一挙に完成させる。「一舉、一下子」

いっしん(一心)
・        母は、息子の無事を一心に祈った。「一心一意」

いっそ
・        毎月、こんなに高い家賃を払うのなら、いっそのことマンションでも買おうか。「索性、倒不如」

いっぺん(一変)
・        彼の言葉で、その場の雰囲気が一変した。「突然改變」

いと(意図)
・        著者の意図がよく分からない本だった。「意図」

いびき(鼾)
・        昨夜は、同室の原田さんのいびきがうらさくて、眠れなかった。「打呼嚕」

いまさら(今更)
・        いまさら謝られても、もう遅い。「現在才、事到如今」

いまだ(未だ)
・        もう12月だというのに、私はいまだに志望校を決めていない。「尚未、仍然」

いやいや(嫌々)
・        上司からの依頼なので、その会合にいやいや参加した。「勉勉強強」

いやに
・        山中さんは、今日に限って、いやにおとなしい。「太、非常、過於」

いんき(陰気)
・        彼女は美人だが、陰気な性格だ。「憂鬱、鬱悶」

うけとめる(受け止める)
・        キャッチャーは、ピッチャーが投げた鋭い変化球を受け止めた。「擋住」
・        私の気持ちを受け止めてくださったのは先生だけです。「理解」

うちあける(打ち明ける)
・        妻に転職したいと打ち明けたところ、賛成してくれた。「坦率説出、毫不隱瞞的説出」

うちきる(打ち切る)
・        発掘調査は、昨日で打ち切られた。「停止、截止」

うちこむ(打ち込む)
・        相手のコートへ、球を強く打ち込んだ。「打入」
・        仕事に打ち込んでいる。「專心致志、全神貫注、迷戀」

うちわけ(内訳)
・        出張費の内訳を説明した。「詳細内容」

うっとうしい(鬱陶しい)
・        雨が多く、うっとうしい天気が続いている。「陰鬱、沉悶」

うつむく(俯く)
・        恥ずかしかったので、彼女はずっとうつむいていた。「低頭」

うつろ(虚ろ)
・        何を考えているのか、高橋さんの瞳は、ぼんやりとうつろだった。「空虚、発呆」

うつわ(器)
・        料理を器に盛る。「容器」
・        彼は全員をまとめるリーダーの器ではない。「才幹、人才」

うでまえ(腕前)
・        たいした腕前だ。結婚して3年もたつと、料理の腕前も上がる。「本領、手藝」

うぬぼれ(己惚れ)
・        ちやほやされて育った彼は、うぬぼれが強い。彼女は美人だとうぬぼれている。「驕傲、自負」

http://smady.com/smadyd/thread-830-1-1.html

 

frogkiki 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

一級日檢單字記憶

垢 あか  
足跡 あしあと  
圧縮 あっしゅく  
網 あみ  
粋 いき    
枠 わく  
稲光 いなびかり   
稲妻 いなずま  
器 うつわ  
有無 うむ  
垣根 かきね  
崖 がけ  
傍ら かたわら  
為替 かわせ  
貫禄 かんろく  
気障 きざ  
兆し きざし  
几帳面 きちょうめん  
絹 きぬ  
華奢 きゃしゃ  
拒絶 きょぜつ  
疑惑 ぎわく  
茎 くき  
鎖 くさり  
愚痴 ぐち  
屈折 くっせつ  
小児科 しょうにか  
桁 けた  
月賦 げっぷ  
気配 けはい/きはい
強引 ごういん  
控除 こうじょ  
拘束 こうそく  
穀物 こくもつ  
心地 ここち  
梢 こずえ  
暦 こよみ  
献立 こんだて  
細工 さいく  
境 さかい  
残高 ざんだか  
錯誤 さくご  
指図 さしず  
錆 さび  
掛け軸 かけじく  
示唆 しさ  
持参 じさん  
嫉妬 しっと  
執筆 しっぴつ  
若干 じゃっかん  
執着 しゅうちゃく  
定規 じょうぎ  
白髪 しらが  
辛抱 しんぼう  
訴訟 そしょう  
大豆 だいず  
楕円 だえん  
怠惰 たいだ  
焚火 たきび  
妥当 だとう  
窒息 ちっそく  
中枢 ちゅうすう  
鉛 なまり  
音色 ねいろ(也可读为おんしょく)  
破棄 はき  
柱 はしら  
裸 はだか  
裸足 はだし  
発芽 はつが  
針金 はりがね  
膝 ひざ  
肘 ひじ  
額 ひたい  
必需品 ひつじゅひん  
人質 ひとじち  
侮辱 ぶじょく  
発作 ほっさ  
日向 ひなた  
幹 みき  
峰 みね  
専ら もっぱら  
火傷 やけど  
唯一 ゆいいつ  
賄賂 わいろ  
技 わざ  
真心 まごころ


frogkiki 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

N1單字整理

接(住)ボールを受ける            接球
                         
接到           注文をうける     接到訂貨    

お知らせを受ける  接到通知    接電話を受ける

接電話接受   健康診断を受けなさい 接受健康檢查
                         
獲得           許可を受ける           得到允許
                         
繼承           家業を受ける           繼承家業
                         
遭受           洪水を受けた           遭受水患

frogkiki 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

[日語檢定] 日語一級文法整理

~あっての
意味:      ~があるからこそ      
       <普通「AあってのB」の形で用いれ、「AがあるからこそBの存在がある」の意味。>、       
接続:      (名)+あっての       
例文:      ①日々の練習あっての勝利だ。
②学生あっての教師ですね。逆に学生に教えられることも多いですよ。       
慣用:      「命あっての者種(ものだね)」
<何をしても、何が得られても、命を失っては何もならない。>
そんな危険なことをするものではない。命あっての者種だ。       

意味:      ~である       
       ~がどのようであるか・~によって・~次第で       
接続:      [名(-の)]+いかん       
例文:      ①試験の結果いかんでは、卒業できないこともある。
②会社の発展は、社員の働きいかんにかかっている。       
慣用:      「いかんともしがたい」<残念だがどうにもできない>
・助けてやりたい気持ちは山々だが、私の力ではいかんともしがたい。
「いかんせん」<残念だが(どういもしようがない)>
・新しいパソコンを購入したいのだが、いかんせん予算がない。       
注意:      主(おも)に改まった場面で用いられる。

 

http://smady.com/smadyd/thread-709-1-1.html

frogkiki 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

[日語檢定] 日檢一級文法教學

21·~がてら   順便  
動詞連用形/名+がてら     (1993年)   (1996年)  

22·~かとおも(思)うと/~かとおも(思)ったら 剛...就...
動-た(だ)+かと思うと/かと思ったら   (2003年)  

23·~か(兼)ねない 有可能...、容易...
動詞連用形+かねない   (1992年)   (1998年)  

24·~かのごとく   好像...
動詞,形容詞+ かのごとく  

形容動詞,名詞(である) + かのごとく   (2000年)  25·~がはや(早)いか。 一...就  
動詞原形,動詞た(だ) +がはや(早)いか (1994年)   (1996年)  

26·~からある 有...
名+からある  (1999年)  

27·
~からすると   從...來看的話  
名+からすると (1992年)  (1999年)  

28·~からと言って(~てばかりはいられない) 雖說... (1992年)  (1995年)   (1997年)  

29·~からには  既然 (1994年) 1996年) 

30·~きらいがある   有...的傾向
動/名(の)+きらいがある  (1996年) (1999年)(2003年)

http://smady.com/smadyd/thread-784-1-1.html

frogkiki 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

新日檢n1單字下載總整理

あ行
あいそう(愛想)
· 
お酒ばかり飲む夫に愛想を盡かした妻は、離婚した。「討厭」
· 
あの店員は愛想がよい。「招待」
· 
愛想を言う。「客套話」 
· 
愛想がない。「親切」
· 
おーい、お愛想。「結帳」
あいだがら(間柄)
· 
林先生と山田さんは、師弟の間柄だそうです。「關係」
あえて(敢えて)
· 
あなたの將來のために、あえて忠告します。「特意、勉強」
· 
どうしても行きたいなら、私はあえて反対しない。「並不」
あくどい
· 
あの男のあくどいやり方に泣かされた人も多い。「太過火、惡毒」
· 
色があくどい、味があくどい。「過艷、太膩」
あざ(痣)
· 
私は生まれながらに、左手に小さなあざがあります。
あさましい(淺ましい)
· 
祖父が亡くなったとたん、遺産をめぐってあさましい爭いが始まった。「卑鄙、可恥」
あざむく(欺く)
· 
敵を欺くために、一度退卻するふりをした。「欺騙」
· 
花をあざむく器量。「賽過」
あざわらう(嘲笑う)
· 
助けを求めにきた人を、何もせずあざわらっていたあの男はひどい。
あせる(褪せる、焦る) 
· 
朝寢坊をしたので焦って出かけた。「急躁、著急」
· 
何度も洗濯したのでTシャツの色が褪せた。「褪色」
あっけない
· 
有名な大學の試験だから、難しいと思ったが、あっけないほどやさしかった。「太簡単、沒意思」
あつらえる(誂える)
· 
兄は、既成服に合わない體形なので、服をあつらえている。「訂做」
あとまわし(後回し)
· 
彼は自分のことを後回しにしても、他の人を助けるような人だ。「推遲、緩辦」
あべこべ
· 
道を曲がるのを間違えたらしく、あべこべの方向へ行ってしまった。「相反、顛倒」
あやつる(操る)
· 
彼女が橫領したのは、陰で誰かに操られたからに違いない。「操縱」
あやぶむ(危ぶむ)
· 
遭難した船の行方は、いまだに分からず、乗組員の生存が危ぶまれている。「認爲危險」
あやふや
· 
彼のあやふやな態度に、彼女は激怒した。「含糊」
あやまち(過ち)
· 
誰でも若い時は、過ちの一つや二つはおかす。「過錯」
あらかじめ(予め)
· 
あらかじめ必要なものをメモして行くと、無駄な買物をしない。「預先、事先」 
あらっぽい(粗っぽい、荒っぽい)
· 
彼はあらっぽい性格に見えますが、実は優しい人なんです。「粗暴、粗野」
ありさま(有様)
·
田中君は、彼女にふられてからというもの、食事ものどを通らない有様だ。「狀態」
ありのまま
· 
ありのままの私を認めてくれる人と結婚したいと思っている。「老実、坦白」
ありふれる(有り觸れる)
· 
親友の結婚祝いだから、ありふれた品ではなく、特別なものを贈りたい。「通常的、不希奇的」
あんじ(暗示) 
· 
この絵の曲線は、人間の叫びを暗示しているそうだ。「暗示、示意」 
あんじる(案じる)
· 
畑を荒らす野生の猿捕まえようと、一計を案じた。「(=あんずる)思考、想出一條辦法」 
· 
事の成り行きを案じる。「掛念、擔心」 
あんのじょう(案の定) 
· 
連休中の新幹線は、案の定、込んでいた。「果然、果如所料」 
いいかげん(いい加減) 
· 
ちょうどいいかげんの溫度。「いいかげんにしなさい」と、母親は子どもをしかった。「適當、適可而止」 
· 
彼はいいかげんな男だ。いいかげんな返事。僕の英語はいいかげんなものだ。「敷衍、不負責任、馬馬虎虎」 
· 
もういいかげん酔った。「十分、很」 
いいわけ(言い訳)
· 
あなたが言っていることは、言い訳にもならない。「辯解」 
· 
言い訳の手紙を出す。「道歉」 
いかに(如何に)
· 
いかに熱弁をふるっても、彼に賛同する人はいなかった。「(いかに...ても)無論」 
いかにも 
· 
いかにも、おっしゃるとおりです。彼はいかにも優等生のダイプだ。「果然」 
いき(粋) 
· 
小林さんは、なかなか粋な人だ。「瀟灑、帥」 
いきがい(生甲斐)
· 
彼から仕事をとりあげたら、生きがいがなくなってしまうだろう。「人生的意義」 
いきごむ(意気込む)
· 
山下さんを説得しようと、意気込んで訪ねたのに、留守だった。「興致勃勃」 
いくた(幾多)
· 
父は、幾多の困難をのりこえて、會社を大きくしてきたそうだ。「許多」 
いじる(弄る)
· 
彼女は、話しながら髪の毛をいじる癖がある。「撥弄、擺弄」 
· 
人事をいじる。「隨便改動」 
いぜん(依然)
· 
彼には遅刻しないよう、何度も注意したが、依然として改まらない。「仍然」 
いたって(至って)
· 
いたってのんきな弟は、よく宿題を忘れる。「甚、極」 
いちがいに(一概に)
· 
田舎は住みやすいと言うが、一概にそうとも言いきれない「一概、一律」 
いちどう(一同)
· 
社の発展のために、社員一同、力を合わせて頑張っている。「全體」 
いちもく(一目)
· 
グラフに表すと、結果は一目瞭然だ。「一目瞭然」 
· 
彼女の才能は誰もが一目置く。「讓歩、自認遜色」 
いちよう(一様)
· 
社長の言葉に、みな一様にうなずいた。「同樣」 
いちりつ(一律)
· 
全社員一律2パーセントの昇給が決定した。「一律」 
いちれん(一連)
· 
一連の問題解決にむけて、話し合いが行われている。「一連串」 
いっかつ(一括)
· 
時間がないので、三つの議案を一括して審議する。「匯總、一包在內」 
いっき(一気)
· 
日頃から鍛えている彼は、120段の階段を一気にかけ上がった。「一口気、一下子」 
いっきょに(一挙に)
· 
作品を一挙に完成させる。「一舉、一下子」 
いっしん(一心)
· 
母は、息子の無事を一心に祈った。「一心一意」 
いっそ 
· 
毎月、こんなに高い家賃を払うのなら、いっそのことマンションでも買おうか。「索性、倒不如」 
いっぺん(一変)
· 
彼の言葉で、その場の雰囲気が一変した。「突然改變」 
いと(意図) 
· 
著者の意図がよく分からない本だった。「意図」 
いびき(鼾) 
· 
昨夜は、同室の原田さんのいびきがうらさくて、眠れなかった。「打呼嚕」 
いまさら(今更)
· 
いまさら謝られても、もう遅い。「現在才、事到如今」 
いまだ(未だ)
· 
もう12月だというのに、私はいまだに志望校を決めていない。「尚未、仍然」 
いやいや(嫌 
· 
上司からの依頼なので、その會合にいやいや參加した。「勉勉強強」 
いやに 
· 
山中さんは、今日に限って、いやにおとなしい。「太、非常、過於」 
いんき(陰気)
· 
彼女は美人だが、陰気な性格だ。「憂鬱、鬱悶」 
うけとめる(受け止める) 
· 
キャッチャーは、ピッチャーが投げた鋭い変化球を受け止めた。「擋住」 
· 
私の気持ちを受け止めてくださったのは先生だけです。「理解」 
うちあける(打ち明ける) 
· 
妻に転職したいと打ち明けたところ、賛成してくれた。「坦率説出、毫不隱瞞的説出」 
うちきる(打ち切る)
· 
発掘調査は、昨日で打ち切られた。「停止、截止」 
うちこむ(打ち込む)
· 
相手のコートへ、球を強く打ち込んだ。「打入」 
· 
仕事に打ち込んでいる。「專心致志、全神貫注、迷戀」 
うちわけ(內訳)
· 
出張費の內訳を説明した。「詳細內容」 
うっとうしい(鬱陶しい) 
· 
雨が多く、うっとうしい天気が続いている。「陰鬱、沉悶」 
うつむく(俯く)
· 
恥ずかしかったので、彼女はずっとうつむいていた。「低頭」 
うつろ(虛ろ)
· 
何を考えているのか、高橋さんの瞳は、ぼんやりとうつろだった。「空虛、発呆」 
うつわ(器) 
· 
料理を器に盛る。「容器」 
· 
彼は全員をまとめるリーダーの器ではない。「才幹、人才」 
うでまえ(腕前)
· 
たいした腕前だ。結婚して3年もたつと、料理の腕前も上がる。「本領、手藝」 
うぬぼれ(己惚れ)
·
ちやほやされて育った彼は、うぬぼれが強い。彼女は美人だとうぬぼれている。「驕傲、自負」 
うまれつき(生まれつき) 
· 
彼女がだれにでも優しいのは生まれつきの性格だ。「天性、天生」 
うるおう(潤う)
· 
畑が雨で潤った。「濕潤」 
· 
臨時収入で懐が潤った。「寬裕、補益」 
うわまわる(上回る)
· 
今月の売上は、先月を大幅に上回っている。「超出、越出」 
うんざり 
· 
食べすぎたので、料理を見ただけでうんざりする。「厭膩、厭煩」 
うんよう(運用)
· 
資産の運用を誤ると會社の経営が危なくなる。「運用」 
えんかつ(円滑)
· 
交渉が円滑に進んで安心した。「圓満、順利」 
えんきょく(婉曲)
· 
日本語の婉曲な言い回しには、苦労する。「婉轉、委婉」 
えんまん(円満)
· 
紛爭が円満に解決することを祈っている。「圓満、美満」 
おいこむ(追い込む)
· 
彼女を自殺に追い込んだ原因は、友達のいじめだそうだ。「逼入、被迫...」 
· 
鶏を小屋に追い込む。「趕進」 
· 
ゴール前で一気に追い込む。「最後階段的努力,加勁」 
· 
この行を前ページに追い込むこと。「擠排、移前」 
おいて(於いて)
· 
學業においても、運動においても、彼の右に出る者はいない。「在...方面」 
おう(負う) 
· 
現在の彼の成功は、母親の教育に負うところが大きい。「多虧、有賴於」 
· 
失敗した責任を負う。「擔負、蒙受」 
· 
子どもを背中に負う。「背、負」 
おおかた(大方)
· 
おおかたの予想どおり、小林氏は當選した。「大家、広泛的人們」 
· 
おおかたの話は王さんから伺いました。「大部分、大致」 
おおがら(大柄)
· 
彼女には、大柄な模様の著物が似合う。「大花紋、大花様」 
· 
大柄な體格のわりに、彼は小心者だ。「大骨架」 
おおげさ(大袈裟)
· 
彼女の話は、いつも大げさだ。「誇張、誇大」 
おおすじ(大筋)
· 
事件のおおすじが、員警側から発表された。「梗概、主要經過」 
おおまか(大まか)
· 
彼は、何事にも、おおまかな人だ。「草率、馬馬虎虎」 
おくびょう(臆病)
· 
うちの犬は、図體は大きいのにおく病で、貓を見ても逃げる。「膽小、怯懦」 
おごる(奢る)
· 
今度夕食をおごるから、今日の殘業かわってくれない。「請客」 
· 
奢った生活をしている「奢侈」 
· 
口が奢る「講究吃、品位高」 
おしきる(押し切る)
· 
彼女に押し切られて、卒業旅行はイギリスに行くことになった。「堅持到底、排除(反対、困難)」 
· 
幹し草を押し切って馬の餌にする。「切斷」 
おしこむ(押し込む)
· 
朝のラッシュ時は、駅員が乗客を電車に押し込んでいる。「塞進」 
おしよせる(押し寄せる) 
· 
突然の夕立に、広場にいた人が一斉に駅構內に押し寄せた。「湧上來、蜂擁而至」 
· 
邪魔になる物は隅のほうに押し寄せておく。「挪到一辺」 
おそくとも(遅くとも) 
· 
今夜は、遅くとも8時には帰るよ。「至遅、最晩」 
おそれ(恐れ)
· 
大型の台風が上陸する恐れがあります。「憂慮、擔心」 
· 
恐れを知らぬ年ごろ「害怕、初生牛犢不怕虎」 
おそれいる(恐れ入る) 
· 
わざわざ屆けていただき、恐れ入ります。「是在不擔當、不勝感激」 
· 
君の腕前には恐れ入った。「佩服」 
· 
こんなに寒いのに水泳とは、恐れ入った。「感到意外、吃驚」 
おだてる(煽てる)
· 
彼は、おだてるとすぐいうことを聞いてくれる。「給戴高帽、煽動、慫恿」 
· 
豚もおだてりゃ木に登る。「受到慫恿豬也能上樹。指經不起吹捧」 
おちこむ(落ち込む)
· 
不景気だから、収入も落ち込んでいる。「下降、下跌」 
· 
落選した野口候補は落ち込んでいる。「鬱悶、不痛快」 
· 
やせてほおが落ち込んでいる。井戸に落ち込んだ。「下陷、落入」 
おてあげ(お手上げ)
· 
毎日、雨続きでは、道路工事の仕事はお手上げだ。「束手無策、毫無辦法」 
おどおど(おどおど)
· 
少年は何かにおびえているかのように、おどおどした目つきをしていた。「揣揣不安、心驚膽戰」 
おどす/おどかす(脅す)
· 
彼は議員に対し、汚職を暴露するとおどしていた。「威脅、嚇嗁」 
おのずから(自ずから) 
· 
今、何に興味があるか考えれば、おのずから、自分の進むべき道が見えてくる。「自然而然的」 
おびえる(怯える)
· 
小犬は、大きな犬が近くに寄ってきたのでおびえていた。「害怕、膽怯」 
おびただしい(夥しい) 
· 
事故現場には、おびただしい量の血が流れていた。「大量、很多」 
おびやかす(脅かす)
· 
あの選手も、新人選手に、レギュラーの座を脅かされている。「威脅」 
おびる(帯びる)
· 
秋になり、木の葉が赤みを帯びてきた。「帯有、含有」 
· 
剣を帯びる。「佩帶」
· 
特別の使命を帯びている。「擔負」 
おまけ 
· 
子どもの頃、おまけが欲しくて、よくお菓子を買った。「減価」 
· 
全部買ってくだされば、それをおまけに差し上げます。「(作爲贈品)附送、白送」 
· 
おまけをつける。「添枝加葉、誇大其辤」 
おもいつき(思いつき) 
· 
ちょっとした思いつきから大発明が生まれることもある。「偶然的想法、設想」 
おもむき(趣)
· 
時には趣を変えて、庭にテーブルといすを出して食事をしよう。「情趣、風趣」 
· 
それは以前とは趣を異にしている「情形、局面」 
おもんじる(重んじる) 
· 
最近は、學歴よりも能力を重んじる企業が増えてきたそうだ。「重視、器重、尊重」 
およぶ(及ぶ)
· 
私の日本語能力は、ジョンさんの足元にも及ばない。「趕得上、匹敵」 
· 
被害が全國に及ぶ。「渋及、達到」 
おりかえす(折り返す) 
· 
友人から手紙が屆いたので、折り返し返事を書く。「折疊」 
· 
急用で、途中から折り返す。「返回」 
· 
折り返して電話する。「反復」 
おろそか(疎か)
· 
一円でもおろそかにしてはいけない。「疏忽」 
おんわ(溫和)
· 
この地方は、気候が溫和なため、みかんの栽培に適しているそうだ。「溫和」
か行
~界 
· 
芸能界で長く生きていけるのは、ほんの一部の人だけだそうだ。「範囲」 
かいしゅう(回収)
·
アンケート用紙を回収した。「回収」
がいする(害する) 
· 
彼の一言で、気分を害してしまった。「傷害、損害」 
· 
交通を害する。「妨礙」 
· 
人を害せんとしてわが身を害する。「害人反害己」 
がいとう(該當)
· 
該當事項に丸印をつける。「符合、適合」 
がいとう(街頭)
· 
卒業論文を書くために、街頭でアンケート調査をすることにした。「街頭」 
かいにゅう(介入)
· 
両國の民間レベルの交流に、政治はできるだけ介入させたくない。「介入、插手」 
かいほう(介抱)
· 
病人を手厚く介抱した。「護理、服侍」 
かえりみる(省みる)
· 
過ちを省みない人は、進歩しないと思う。「反省、自問」 
· 
省みてやましいところがない。「問心無愧」 
かおつき(顔つき)
· 
息子は、性格も顔つきも、父親に似てきた。「相貌、樣子」 
かきまわす(掻き回す) 
· 
スープの鍋をかきまわすと、いいにおいがした。「撹拌、混合」 
· 
會社の中をかきまわす。「搗亂、擾亂」 
かくさ(格差)
· 
企業によって、社員の待遇に格差がある。「差別、差距」 
かけ(賭け) 
· 
佐藤さんは賭けごとに夢中になって、本業をおろそかにしている。「賭博」 
かさばる(嵩張る)
· 
おみやげがかさばって、スーツケースのふたが閉まらない。「體積大、増大」 
かさむ(嵩む)
· 
今月は冠婚葬祭が多かったので、出費がかさんだ。「増大、増多」 
かじょうがき(箇條書き) 
· 
要點を箇條書きにした。「一條條寫、分項寫」 
かすか(微か)
· 
遠くのほうからかすかに波の音が聞こえる。「微弱的、隱約、微微的」 
かすむ(霞む)
· 
富士山の山頂は、かすんでいてよく見えない。「雲霧懞朧」 
· 
目がかすんで字がよく見えない。「模糊」 
かする(掠る)
· 
バットは、ボールにかすっただけだった。「掠過、擦過」 
かそ(過疎) 
· 
町の過疎化に、町長は悩まされている。「過稀、過少」 
~がたい 
· 2
年前の火災は、私にとっては忘れ難い出來事です。「不容易、難於」 
かたこと(片言)
· 1
歳半の娘は、片言だが話をするようになった。「只言片語」 
かためる(固める)
· 
基礎をしっかり固めて建てたビルだったので、地震の被害も少なかった。「鞏固、加固」 
· 
荷物を固めておけ。「堆積、堆攢」 
かたわら(傍ら)
· 
私が絵を描く傍らで、貓が寢ている。「傍辺」 
· 
彼は會社経営の傍ら、小説を書いている。「一辺...一辺...」 
かっきてき(畫期的)
· 
彼は畫期的な発明をした。「劃時代的」 
がっくり 
· 
完走したとたん、がっくりと膝をついた。「突然無力的」 
· 
不合格と知り、がっくりときた。「頽喪、灰心」 
がっしり 
· 
彼は、體ががっしりしている。「粗壯、健壯」 
がっち(合致)
· 
雙方の希望が合致した。「一致、吻合」 
がっちり 
· 
あのチームはがっちりとスクラムを組んで、最後まで戦った。「牢固、堅固、緊緊的」 
· 
がっちり屋「守財奴」
かつて 
· 
かつて見たこともないほど、美しい海だった。「至今(從未)」 
· 
かつては記者だったこともある。「曾經」 
かなう(葉う)
· 
思いがかなって、彼と結婚することになった。「希望実現、如願以償」 
かなわない(葉わない/適わない/敵わない) 
· 
體力では、彼にかなわない。「比不上」 
· 
今日は暑くてかなわない。「經不起、受不了」 
· 
葉わない戀(実現不可能である)。立つことも歩くことも敵わない(実現させる力がない)「不能実現」 
かねて(予て)
· 
かねてから希望していた弁護士になることができた。「老早以前、事先」 
かばう(庇う)
· 
正義感が強い彼は、子供の頃から弱い者をかばっていた。「庇護、袒護」 
かぶれる 
· 
化粧品で肌がかぶれ、かゆい。「起炎症」 
· 
彼はすっかり哲學にかぶれている。「著迷、熱中」 
かみ(加味) 
· 
田中さんの意見も加味したうえに、計畫書を作成した。「摻加、採納」 
· 
酢が加味した料理。「添加調味料」 
からだつき(體つき)
· 
山本さんは、モデルのような體つきをしている。「體形、身材」 
からむ(絡む)
· 
あの人は、お酒を飲むと、すぐに人にからむから、気を付けたほうがいい。「找茬糾纏、無理取鬧」 
· 
彼は義理に絡まれていやとは言いかねた。「密切相関、緊密相連」 
· 
つる草が木に絡む。「纏上、繞上」 
かり(仮) 
· 
救急隊員は、かりの処置だけ行い、醫者に任せた。「臨時、暫時」 
· 
これはかりのたとえ話だ。「假定」 
· 
仮の名。「化名」。仮の親「義父義母」 
かれる(枯れる)
· 
このまま才能がかれていってしまうのだろうか。「枯竭衰竭」 
かろうじて 
· 
かろうじて、難を逃れることができた。「好容易才」 
かわす(交わす)
· 
二人は、一年後に結婚する約束を交わした。「互相、交換」 
かんげん(還元)
· 
企業の利益を、文化事業で會社に還元する。「歸還」 
かんさん(換算)
· 1
インチはセンチメートルに換算すると、約2.54センチメートルになる。「折合、換算」 
がんじょう(頑丈)
· 
あの人は體が頑丈で、一度も病気になったことがない。「健壯、強壯」 
かんじん(肝心)
· 
細かいことに気をとられて、肝心な點を見落とす。「重要、首要」 
かんせい(歓聲)
· 
プール開きの日、プール中に水しぶきと歓聲があがった。「歓聲」 
かんぺき(完璧)
· 
たくさん勉強したので、これでテストの準備は完璧だ。「完善、完美」 
かんよう(寛容)
· 
子供同士のケンカなので、寛容な態度で臨むことにした。「寛容」 
がんらい(元來)
· 
馬は元來優しい動物だ。「生來、本來」 
かんろく(貫祿)
· 
彼には部族の長としての貫祿がある。「尊嚴、威嚴、派頭」


frogkiki 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

您尚未登入,將以訪客身份留言。亦可以上方服務帳號登入留言

請輸入暱稱 ( 最多顯示 6 個中文字元 )

請輸入標題 ( 最多顯示 9 個中文字元 )

請輸入內容 ( 最多 140 個中文字元 )

請輸入左方認證碼:

看不懂,換張圖

請輸入驗證碼